2012年03月12日

3月11日

きのうであの日から1年。

きのうは、テレビであの日の映像をたくさん目にしたので、
あの当時の驚きと悲しみと緊張が蘇えりました。

以前、今は亡き筑紫哲也さんが911を振り返って
「誰もが“あの日〜していた”という話ができる唯一の日だろう」
とおっしゃっていましたが、
311も日本人にとっては同じことが言えるのではないでしょうか。

東北から遠く離れた地域でさえも、
地震や津波の恐ろしさ、原発への不安を突き付けられて
「もしも同じことが自分の地域で起こったら…」と考えたと思います。

そしてだれもが「当たり前に思えてることも、当たり前じゃないんだ」と
思い知らされました。


我が家ではあの日以来、「ありがたいね」という言葉を意識して使うようにしています。
どんなにささやかなことでも、うれしかったり楽しかったりするときに
幸せを噛みしめられるように。

それから長男には毎日、幼稚園に出かける前に
「地震が来たら慌てず、机の下に。
先生のお話をよく聞いて。
遊ぶときはなるべく棚やガラスのそばには近づかないこと」と
3つの約束を伝えています。

復興したとは言い難い現状と、原発をどうするのかという問題、
わたしにできることは何なのか考えない日はありません。

現実にできたことは、ささやかな募金と寄付、そして節電…。
でもこのひとりひとりの小さな思いが、日本人みんなにとって正しい道へと繋がってくれるよう
願ってやみません。


posted by 花村あづさ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54408754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック