2010年04月22日

ぽぽ、さよなら

DVC00009.jpg

19日、9年間一緒に暮らしたうさぎのぽぽが亡くなりました。

足を痛めて1年前から寝たきりではあったものの
亡くなる前日の朝まで食欲もあり、
心臓も呼吸も脈も安定していたことから
獣医さんは「老衰」と診断してくださいました。


うさぎの平均寿命は7歳くらい。
そしてうさぎの中でも1番身体が小さな品種だったことを考えると
9歳で、老衰によってお月様に行けたぽぽは
きっと幸せ者なんですよね。


もちろん家族全員寂しく思ってはいるのですが
こういった形でぽぽを見送れたことで少しほっとしてもいます。

3歳のムスコも小さいながらにちゃんとぽぽの死と向き合っていて
最初は寂しがって泣いていましたが
今は「お月様で食べられるように」と
ぽぽの大好物だったたんぽぽをつんでは
お供えしてくれています。

これもぽぽがムスコに教えてくれたことですよね。


今はぽぽに対する感謝の気持ちでいっぱいです。
動物と暮らすと、殆どの場合わたしたちが見送ることになる訳ですが
その辛さを補って余りあるほど、素敵な思い出をたくさん遺してもらいました。

富山にいる頃からいつもそばにいてくれたぽぽに呆れられぬよう
これからも元気にがんばっていきます!
posted by 花村あづさ at 09:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
姿はないけど遠い空の上から見守っているよ
Posted by まこmio at 2010年04月22日 12:46
 9年間も一緒にってことはホント、社会人になってからの苦楽をともにしている感じですよね。。

 ぽぽちゃん?くん?のご冥福お祈りいたします。
Posted by くろいひと at 2010年04月22日 20:03
こんにちは。掛橋さんの消息をネット上に探していて
たまたまこちらにお邪魔しました。

うちでもウサギ飼っていましたし、今でも飼っておりますので、
お月様に帰られたという話しを聞くと切なくなります。
9歳なら立派に長生きだったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by kanomi at 2010年04月22日 23:33
まこmioさん

温かいお言葉ありがとうございます。
ほんとに、そうですね。
今頃お月さまのうさぎの世界で、
しばらく走りまわれなかった鬱憤を晴らしていることと思います。
Posted by 花村あづさ at 2010年04月23日 19:07
くろいひとさん

ほんと、そうなんですよ。
社会人2年目にわたしの元にやってきて
仕事の悩みも、恋の悩みも、育児の心配ごとも
全部愚痴を聞いてくれました。
ちゃんと聞いてたかどうかはわかりませんけどね(笑)
Posted by 花村あづさ at 2010年04月23日 19:10
kanomiさん

はじめまして。
うさぎを飼っていらっしゃる方に
寂しい話題で申し訳ありません。
長生きで、しかも老衰で見送れたことが
わたしとっては唯一の慰めです。
kanomiさんのうさちゃんも
いつまでも元気でいられますように…。

ちなみに掛橋さんとは、一度お会いしたきりなので
現在何をなさっているのかわからないのです。
お力になれなくてスミマセン…。
Posted by 花村あづさ at 2010年04月23日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37295856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック